温度計を抱く猫

ペットも人間と同じように病伝染病に罹ることがあり、病原体にはウイルス・細菌・寄生虫などがあります。人間の伝染病の病原体であればウイルスと細菌が多いですが、動物の病気には寄生虫が原因で起こるものが少なくありません。犬と猫は世界各地でペットとして飼われていますが、寄生虫が原因で発症する病気がいくつか知られています。

フィラリアは主に犬の体内に棲みつく寄生虫で、予防対策を講じなければ高い確率で感染して発症します。犬フィラリア症(犬糸状虫症)は犬の死因で一番多い病気として知られているほどで、ペットで飼育する場合は予防薬の投与が必須です。フィラリアの幼虫は1mm以下の微小サイズですが、成虫は直径が1~1.5mmで長さが20~30cmほどの糸状に成長します。心臓や肺などの血管に寄生し、呼吸困難の症状を発症したり、心臓に絡まって突然死する恐れがあります。

フィラリアの主な宿主は犬ですが、猫の体に感染して体内で成長して症状を発症する場合があるので注意が必要です。犬と比較すると相対的に発症率が低いので、猫のフィラリア対策をしていない人は少なくありませんが、猫もフィラリア症に罹ると心臓が止まって突然死する恐れがあります。

猫がフィラリア症に罹った際の主な症状には、咳・嘔吐・息切れ・食欲不振・体重減少などの兆候が出ます。ただし喘息やウイルス性の伝染病でも咳が出ますし、猫は定期的に毛玉を吐くという兆候があり、他の病気と間違われてフィラリアであることに気づきにくい場合が多いです。犬よりも発症率が低いことも、診断・治療が遅れてしまう原因のひとつです。手遅れになると肺や心臓の内部で寄生虫が増殖して、突然死の恐れがあります。

猫がフィラリア症に罹った場合でも初期の段階では症状が出にくいため、症状が悪化するまで気づかないケースが多いです。ある日突然体調を崩して、短い期間で衰弱して命を落としてしまうといったパターンが少なくありません。発症後に薬の投与や外科手術で体内の寄生虫を除去する方法がありますが、猫の体に大きな負担がかかってしまいます。寄生虫の除去に成功しても肺や心臓が受けたダメージは回復しないため、後遺症が残る恐れがあります。

猫フィラリア症は何らかの症状が出た後に病気に気づいたとしても既に手遅れである場合が多いので、病気を防ぐためには感染予防や幼虫が体内で成長するのを防ぐ対策が必要です。飼い主が適切な予防対策を講じれば、防ぐことができる病気です。